ボトックス注射の安全性やその効果についてお教えします

ボトックスとは

カウンセリング

ボトックスとは、ボツリヌス菌という細菌から抽出された毒素のことです。ボツリヌス菌による毒素は、重篤な食中毒を引き起こすことで有名です。生後間もない赤ちゃんがはちみつを食べてはいけないのも、はちみつに含まれるボツリヌス毒素が原因です。一般的に人体に害のあるボツリヌス毒素の量は30,000単位以上ですが、美容分野におけるしわ取りや小顔で使用されるボツリヌス毒素は1回あたり約5単位から100単位程度なので、安心してください。ボトックスには、アセチルコリンの分泌を阻害する作用があります。アセチルコリンは神経伝達物質の1つで、筋肉が収縮する時に重要な物質です。つまり、このアセチルコリンの分泌を阻害することで一時的に筋肉を麻痺させることができ、筋肉が脱力した状態になります。これを顎の筋肉に使えば小顔になることができるというわけです。
このボトックスは、アメリカの米国品医療品局からの認可を受けているため、その安全性が認められています。またこのボトックス注射を活用した小顔整形や、しわ取りなどはアメリカでは10年以上前から実施されていることから、症例数が多く安心して実施できる美容方法であるといえます。
ボトックス注射に掛かる時間はだいたい5分から10分程度です。そのため気軽に受けることができる治療であるといえます。
ただし、ボトックス注射を使った小顔整形で注意したいのは、顔が大きく見えてしまっている原因が、顎の筋肉の発達によるものかどうかという点です。もし、顔が大きく見えている原因が、筋肉の発達ではなく、エラ骨によるものだった場合、自分が思い描いているような効果をボトックス注射で得ることは難しいかもしれません。しかし、エラの骨が発達している人の多くが、顎の筋肉も発達しているので、ある程度であれば、ボトックス注射の効果を期待できます。美容外科クリニックでは、事前に無料カウンセリングを受けることができます。カウンセリングではあなたの理想とする小顔がどのようなものなのか把握することから始めます。さらに、あなたにあった治療法がボトックス注射なのかそうでないのか、専門の医師が判断してくれるので、安心してくださいね。
ボトックス治療の最大のメリットは、ダウンタイムが短いことです。ダウンタイムとは施術や麻酔によって発生するむくみ、腫脹、発赤などが回復するまでの期間のことをいいます。ボツリヌス治療では、基本的に細い針で、筋肉内に薄められたボツリヌス毒素を注射するだけなので、肌が腫れたり、注射した部分が内出血を起こしたりすることはあまりありません。たとえ、腫脹や内出血が見られたとしても、化粧でさっと隠すことができる程度で、しかもすぐ綺麗に治ります。施術直後から、シャワーやメイクをすることが可能なのもいいですよね。ボツリヌスによる小顔治療のいいところはまだまだあります。それは、小顔整形したことが他の人に気づかれにくいということです。基本的にボトックス注射による小顔整形は、ゆっくりと効果があらわれてきます。だいたい2週間くらいをかけて、少しずつ顔が小さくなっていくため、周囲の人にボツリヌス注射による小顔整形をしたことがバレませんよ。
さらに、ボトックスを使った小顔治療では、注射の量や注射する深さを調整することで、小顔の効果を細かく調整することができます。そのため自分の理想とする小顔をデザインすることができるのです。
このように、ボトックス注射による小顔治療にはさまざまなメリットがあります。エラを削る方法に比べて安く手軽に始めることができるのでおすすめですよ。

中和抗体と安全性について

鏡を見る人

ボトックス治療を頻繁に繰り返すと、中和抗体が身体の中に作られます。ここでは、その中和抗体の仕組みや、中和抗体ができてしまっても小顔効果を持続する方法について知ることができますよ。

Read More

相場と支払い方法について

ドクターとナース

このページでは、小顔施術に使用されるボトックス治療にかかる費用のだいたいの相場について説明しています。さらに治療費をお得にする方法や、支払い方法についてもまとめてみたので、これから美容クリニックを利用しようという方は参考にしてください。

Read More

個人差と持続期間について

注射

ボトックス治療における小顔効果が現れる期間や、小顔効果が持続する期間について簡単にまとめてみました。ボトックス治療を受ける前に、効果の個人差や持続期間についてあらかじめ、知っておきましょう。

Read More

Back to Top